おしゃれの定義とはなんなのか

ファストファッションのおしゃれ

ファストファッションで選ぶべきは定番の商品です。
白シャツ、デニムの機能性は一流ブランドに引けをとりませんし、ジャケット類も品質も良いです。

ならば、すべて揃えればいいのかといえば、そうでないのがまた難しいところです。

確かに定番揃いのファッションは無難にまとまりますが、あくまでも「無難」で面白みがありません。
おしゃれの定義の一つに「自分らしさ」があると思うのです。

ファストファッションは誰でも気軽に買える反面、誰もが着ているという欠点もあります。
もちろん、そんなの気にしない人もいるでしょうが、やはり「人と違うものが着たい」と思うのではないでしょうか。
ただ、この大量生産大量消費の時代、よほどのセレブでなければ一点もののオーダーなど着れるはずもないので、この「他人とかぶる」ことは避けられないことでもあります。

定番からのおしゃれ

では、その違いをどこで出したらいいのでしょうか。
コートが同じでもバッグやストールなど小物を加えれば印象はだいぶ違います。

おしゃれのテクニックとして「流行を取り入れる」がありますが、芸能人のように全身流行のコーディネイトにするのはかなり難しいです。
それに、流行は一過性のものですから、今年は流行の最先端でも来年にはすでに廃れている可能性があるわけです。

私たち庶民では、毎年毎年クローゼットの全てを買い替えることはできませんし、流行のものばかり買うことはできません。

そんな時は、定番のコーディネイトに一点だけ流行のものを入れれば、かなり印象が違ってくると思います。白シャツとデニムならスニーカーで遊んでみる。
ジャケットなら、インになるシャツやTシャツを流行りのものにする。
全身、流行のコーディネイトは恥ずかしかったり、難しかったりしても、どれか一点だけなら取り入れやすいのではないでしょうか。


この記事をシェアする