色使いが大切

初心者の失敗でありがちな全身茶色・グレー

それなりに流行を取り入れているし、素材もデザインもいいのに、どこか垢ぬけない。

そんな経験をした人も多いと思います。
ベージュのジャケットに茶色のパンツに焦げ茶のスニーカー。
または、花柄のスカートにトップスも違う大きさの花柄。
一つ一つの洋服はいいものなのに、合わせることになりなんか残念な感じになってしまうことってありますよね。

この問題点は「色」ではないでしょうか。

全身茶系、グレー系のコーディネイト。
よく見るコーディネイトですが、おしゃれかそうでないかに大きく分かれるコーディネイトだと思います。
茶とグレー中心のコーディネイトは無難ではありますが、面白みが全くありません。
例えばスニーカーを赤にするなど、ポイントとなる色をもってくるのはどうでしょうか。

柄×柄の場合は

また、逆に花柄×花柄のように柄に柄を合わせて、色の洪水を起こしている人もいます。

もちろん原宿系などのようにそうしたおしゃれもありますが、それ以外では単なるごちゃごちゃした印象にしかなりません。

トップスかボトムのどちらかを柄にした場合、もう一方は無地にした方が失敗は少ないと思います。
それでも、どこか垢ぬけないとしたら、それは色の合わせ方に問題があるのではないでしょうか。

片方が柄でもう一方が無地の場合、無地の色は柄ものに入っている色から選ぶと初心者は失敗がないように思います。
多種類の色を使いこなすには、かなりの上級者でないと難しいでしょう。
全身を二色か三色までに抑えれば、品よくまとまると思います。


この記事をシェアする